丹沢・登りつくし

関東ふれあいの道L 山里から津久井湖へのみち

 
トップ > 関東ふれあいの道 > 山里から津久井湖へのみち
関東ふれあいの道の神奈川県内17コースのうち、13番目のコースである山里から津久井湖へのみち(10.3km)を歩きます。 津久井の山里を歩いて津久井湖の眺めがよい城山へ登るコースです。春に訪れれば稲生の桜山を見ることができます。

稲生の桜山 津久井湖

◇コースタイム
橋本駅(バス35分)三ヶ木(バス20分)韮尾根(2.2km)雨乞山(3.1km)平井橋(1.7km)根本(1.2km)城山(1.5km)津久井湖(0.6km)城山高校前(バス15分)橋本駅


韮尾根〜雨乞山〜平井橋

韮尾根へは、橋本駅から三ヶ木行きのバスに乗って三ヶ木で半原行きのバスに乗りかえるか、本厚木駅から半原行きのバスに乗って半原で三ヶ木行きのバスに乗りかえます。 歩くと半原から30分ほどです。韮尾根バス停から指導標にしたがい農道に入っていくと、正面に雨乞山が見えます。 振り返ると、仏果山と南山の間から丹沢山や蛭ヶ岳方面が見えます。
韮尾根バス停 農道 丹沢の展望

山道に入り、緩やかな登りを15分ほど行くと分岐に出ます。ここから雨乞山へは折り返して後ろへ登っていきます。
分岐 雨乞山への登り

分岐から10分ほど登ると雨乞山で山頂からの展望はありません。雨乞山からほんの少し行ったところにベンチがあります。 雨乞山からはしばらく急な下りが続き、稲生の桜山への分岐に出ます。桜山までは400mほどです。
雨乞山 急な下り 桜山への分岐

桜山のサクラは、大正の初期に皇太子殿下のヨーロッパ視察を記念して植えられたそうで、春はツツジの花も咲いてとても美しいと書かれています。
稲生の桜山

稲生の桜山から分岐に戻り、根小屋方面へ向かいます。しばらく下りが続きます。林道に出て少し歩くと、三増トンネルからの車道を横断します。 指導標にしたがって5分ほど、細い車道を歩くと畑の中に入ります。右を見ると採石場のような山が見えます。
下りが続く 車道を横断 畑の中の道

再び山道に入り、10分ほど下ると久保田酒造に出て、平井橋を渡ると無料庵バス停に着きます。
韮尾根からここまで5.4km、ここから城山まで2.8km、津久井湖まで3.9kmと書かれています。
下り 平井橋 無料庵バス停




平井橋〜津久井湖城山

無料庵バス停から車道を登っていき、白い建物の前を右折します。下って橋を渡り、登り返すと城山の入口に着きます。
車道の登り 右折 城山入口

城山に入ると道がたくさんありますが、関東ふれあいの道である山頂に向かいます。道から少し外れた展望台からは津久井湖がよく見えます。
津久井湖の展望

入口から20分ほど登ると分岐に出て、左折するとすぐ城山の山頂、右折する道が飯綱神社や宝ヶ池を経て津久井湖へ下る道です。
分岐 城山・山頂

津久井湖城山〜城山高校前

津久井湖城山から分岐まで戻り、直進すると飯綱神社、神社を巻くと落雷で焼失した大杉や宝ヶ池があります。 宝ヶ池をすぎると左の道を津久井湖へ下りますが、直進すれば展望のよい鷹射場です。
飯綱神社 大杉 宝ヶ池

津久井湖へは鎖場を慎重に通過しながら下ります。 国道413号線に出たところが観光センターで、左に津久井湖を見ながら歩いて城山ダムをすぎれば城山高校前バス停です。
鎖場 観光センター 城山ダム

← K丹沢山塊東辺のみち
← P北条武田合戦場のみち
関東ふれあいの道 M峰の薬師へのみち





コース距離
橋本駅
(バス 35分)
三ヶ木
(バス 20分)
韮尾根
2.2km
雨乞山
3.1km
平井橋
1.7km
根本
1.2km
城山
1.5km
津久井湖
0.6km
城山高校前
(バス 15分)
橋本駅




プライバシーポリシー