丹沢・登りつくし

犬越路から檜洞丸

 
  TOPページ | 大山 | 塔ノ岳 | 鍋割山 | 丹沢山 | 蛭ヶ岳 | 檜洞丸 | 大室山 | 西丹沢 | 御殿場線 | 宮ヶ瀬湖 | 湘南平 | 関東ふれあいの道 | その他

西丹沢自然教室から犬越路へ

西丹沢自然教室 西丹沢自然教室
新松田駅から西丹沢自然教室行きのバスで終点で下車します。入山届を書いて出発します。駐車場があるので車でも来られます。

西丹沢自然教室から沢沿いの車道を30分ほど歩くと用木沢出合に着きます。 ここから右へ入り沢沿いに入り、桟橋や丸木橋で沢を渡りながら進んでいきます。 沢から離れると荒れた急登がしばらく続いてキツイです。
用木沢出合
用木沢出合 沢を渡る 荒れた急坂を登る

荒れた道から笹が密集した道になるとすぐ犬越路に着きます。きれいな避難小屋があり、建て替えられたようです。 展望もよくベンチもあります。 犬越路の名の由来は、武田信玄が小田原城を攻めるときに犬に導かれて越えたことからだと言われています。
犬越路 犬越路避難小屋
犬越路 犬越路避難小屋

犬越路から檜洞丸へ

小笄の手前あたりから岩場が多くなります。とても急な鎖場も数ヶ所あり慎重に登っていきます。 この鎖場を下る場合は怖いと思います。
鎖場 ハシゴ
鎖場 ハシゴ

岩場が終わると笹の道となり大笄を越えるとベンチのある神ノ川への分岐、少し登ると熊笹ノ峰です。 緩い登りをしばらく行くと山頂への最後の登りとなります。
大笄 神ノ川への分岐 熊笹ノ峰
大笄 神ノ川への分岐 熊笹ノ峰

山頂への道 山頂への道
植生保護の木道を登りきると檜洞丸山頂に着きます。

檜洞丸・山頂はこちらです。  



山行日記


2008年10月22日 / 西丹沢自然教室−犬越路−小笄−大笄−檜洞丸−石棚山−箒沢公園橋(歩行5時間50分)


谷峨駅からバスに乗り、終点の西丹沢自然教室で下車。ここで飲み物を買い(少し高い)出発しました。 車道を用木沢出合に向けて歩いていくと、前を歩いている人がツツジ新道へ入っていきました。

用木沢出合から犬越路まで行くのは、5年前に大室山に行って以来なのでぜんぜん覚えていません。道がけっこう荒れていたのと急坂なので、かなり疲れました。

犬越路で休憩して出発しました。小笄付近は急な岩場で少し怖いですが、晴れていれば景色のよさそうな所でした。大笄らしきピークを通過するとすぐ神ノ川への分岐に着きました。

1人、神ノ川から来たという人が休憩していました。5分ほど休憩して先に出発しました。檜洞丸手前で朝、ツツジ新道へ入っていった人に出合い、すぐ上だよと教えてもらいました。

檜洞丸にはちょうど12時ころ着きました。休憩していると同じバスに乗っていた人が上がってきました。バスの時間にはかなりありそうなので、ゆっくりしようと思ったのですが、寒かったので出発してしまいました。

木道を下り、つつじ新道と石棚コースへの分岐を左へ下っていきました。西丹沢県民の森方面は通行止めです。

テシロノ頭、石棚山とこのあたりはとても歩きやすいです。頂上で会った人と何度か抜いたり抜かされたりを繰り返しました。

石棚山を越えるとだんだん急な道が多くなり、鎖で下るとこをもありました。登りはキツそうです。

急坂を下りきり、沢に出て堰堤をハシゴで下り、少し歩くと箒沢公園橋に着きました。バスの時間まで1時間半近くあったので、自然教室まで戻り暇つぶししました。





檜洞丸 登山コース
 檜洞丸 TOP
 ツツジ新道で檜洞丸
 犬越路から檜洞丸
 石棚山稜から檜洞丸
 同角山稜から檜洞丸

コースタイム
新松田駅
(バス 1時間10分)
西丹沢自然教室
0:25 ↓↑ 0:25
用木沢出合
1:20 ↓↑ 1:00
用木沢出合
2:00 ↓↑ 1:30
大笄
0:40 ↓↑ 0:30
檜洞丸


プライバシーポリシー