丹沢・登りつくし

塔ノ岳から鍋割山

 
  TOPページ | 大山 | 塔ノ岳 | 鍋割山 | 丹沢山 | 蛭ヶ岳 | 檜洞丸 | 大室山 | 西丹沢 | 御殿場線 | 宮ヶ瀬湖 | 湘南平 | 関東ふれあいの道 | その他

塔ノ岳から鍋割山へ

塔ノ岳を出て金冷シからしばらく下ると大丸への登りです。塔ノ岳から下ってくるとこの登りは少し疲れます。
金冷シ 大丸への道 大丸

大丸からは緩やかな道となり、相模湾や富士山などの展望がよいです。
相模湾の展望 二俣分岐

二俣分岐を過ぎて小丸を越えるとしばらく下りとなり、小屋の裏が見えて少し登れば鍋割山に着きます。
小丸 鍋割山への道


鍋割山・山頂

鍋割山・山頂は南側・西側が開け、湘南海岸や伊豆半島、富士山などの展望が得られます。また丹沢主脈、主稜なども見ることができます。 標高1273m。鍋割山荘には名物の鍋焼きうどんなどが売られています。
鍋割山 鍋割山からの展望
鍋割山 丹沢主稜の展望


鍋割山
富士山の展望



山行日記


2010年11月5日 / 大倉−小草平−花立−塔ノ岳−鍋割山−花立−小草平−大倉(歩行5時間35分)

鍋割山

渋沢駅7時16分のバスで大倉へ向かいます。6月に来たときは満員だったが今日は10人ほどしか乗っていないです。 1ヶ月以上どこにも登っていないので、足慣らしのつもりでゆっくり登ります。大倉の自販機で水とスポーツドリンクを買って出発しました。

雑事場ノ平、見晴茶屋をすぎると急坂ですが、夏と比べると涼しいのでそんなに疲れません。急坂を登りきると三ノ塔方面がくっきり見えました。

小草平までの平坦な道で富士山がよく見え、シカもいました。花立への長い階段の前に小草平で少し休んでいきました。花立で景色を見てから塔ノ岳へ向かいます。

塔ノ岳に着くとすでに20人くらいいました。食料がぜんぜん持ってきていないので、どうしようか迷いましたが、まだ富士山がよく見えるので、雲に消えないうちに、少し休んで鍋割山へ行くことにしました。

ほとんど緩やかな道なので、大丸、小丸を越え、楽に鍋割山に着きました。山頂には5人くらいいて、みなさん食べていたので鍋焼きうどんを注文しました。

1990年代に「クイズ紳助くん」という、お笑い芸人が手伝いに行くテレビ番組で、山小屋のご主人が100キロ背負って登っているのを見たが、今でも毎日60キロ背負って登っているそうです。

金冷シへ戻る途中では、マムシのようなヘビがいました。30分に1本しかないバスの時間に合わせてゆっくり下り、時間があったので大倉高原山の家を経由しました。

14時22分のバスは満員で駅まで立たされ、余計に疲れました。




鍋割山 登山コース
 鍋割山 TOP
 塔ノ岳から鍋割山
 二俣から鍋割山
 寄から鍋割山
 雨山峠から鍋割山

コースタイム
渋沢駅
(バス 15分)
大倉
0:40 ↓↑ 0:25
雑事場ノ平
1:10 ↓↑ 0:50
小草平
0:25 ↓↑ 0:15
天神尾根分岐
0:50 ↓↑ 0:35
金冷シ
0:25 ↓↑ 0:25
二俣分岐
0:30 ↓↑ 0:35
鍋割山


プライバシーポリシー