丹沢・登りつくし

表参道(男坂)で大山

 
TOPページ | 大山 | 塔ノ岳 | 鍋割山 | 丹沢山 | 蛭ヶ岳 | 檜洞丸 | 西丹沢 | 御殿場線沿線 | 宮ヶ瀬湖周辺 | 湘南平 | 関東ふれあいの道 | その他
ケーブルカーを使わずに急な石段が続く表参道・男坂を登るコースです。

大山ケーブルから阿夫利神社下社へ

小田急線伊勢原駅から大山ケーブル行のバスで終点まで行きます。大山ケーブルバス停には案内所やトイレ、自販機があります。 バス停からみやげ物屋、食堂、旅館などが立ち並んでいる表参道の石段を登っていきます。 表参道はこま参道とも呼ばれ、登っていくにつれて大山名物の駒の数が増えていき、写真の数の27になるとケーブルカー・大山ケーブル駅のある追分に着きます。 追分から下社までは標高差280mで、ケーブルカーなら6分で登れます。
大山ケーブルバス停 表参道 駒
大山ケーブルバス停 表参道 表参道の駒

大山ケーブル駅の入口を直進するとすぐ八意思兼神社(追分社)で、登山道は男坂と女坂に分かれます。 男坂はほとんどが石段の急坂で、30分ほど続くのできついです。 女坂も標識にらくらくと書いてありますが、それほど楽ではありません。
追分駅入口
大山ケーブル駅入口 八意思兼神社(追分社) 追分社から男坂へ

女坂で阿夫利神社下社へ  

追分社の右側にある石段の急登が男坂です。下社まで特に見所も無く、急な石段の連続です。 登り切ると女坂と合流し、茶店のある阿夫利神社下社の直下に出ます。左へ行けばケーブルカー・阿夫利神社駅があります。 男坂は女坂よりも距離が短いので、歩き慣れていれば早く下社に着きますが、慣れていないと脚がパンパンになって、かえって時間がかかるかも知れません。
男坂
男坂 阿夫利神社下社の直下

阿夫利神社下社

急な石段を上がりきると目の前に阿夫利神社です。江戸時代から関東一円からの参拝者で賑わっていたようです。 相模湾や江ノ島、三浦半島などがよく見えます。
阿夫利神社下社
阿夫利神社下社 相模湾方面の展望

阿夫利神社下社から大山へ

社殿左奥に山頂への登山口(とても急な長い石段)があります。 石段を登ると坂道となり、1丁目、2丁目と丁目石が立っており、頂上は28丁目なので目安になります。
登山口 丁目石 夫婦杉
登山口 丁目石 夫婦杉

登っていくと8丁目に夫婦杉、14丁目にぼたん岩、15丁目に天狗の鼻突き岩などがあり、16丁目で蓑毛からの裏参道と合流します。 20丁目は富士見台で、大山の中で富士山がよく見える場所のひとつです。
天狗の鼻突き岩
天狗の鼻突き岩
16丁目
16丁目
20丁目・富士見台
20丁目から見た富士山

25丁目でヤビツ峠からの道と合流。頂上まであと10分の標識があります。 27丁目の鳥居をくぐると、すぐに28丁目の頂上阿夫利神社に着きます。
25丁目 27丁目へ 28丁目
25丁目 27丁目へ 28丁目

大山・山頂

本社の前には、雨降山の由来になったと言われる雨乞いの神木であるブナの大木があります。 山頂は標高1252m。天気がよければ、富士山や丹沢山塊、相模湾、真鶴半島、三浦、房総半島などの展望が得られます。
大山山頂
大山山頂

売店やトイレもあります。山頂の北側にぐるっと回れば、富士山や横浜方面がよく見えます。
売店 山頂北側からの展望
売店 山頂北側からの展望





大山 登山コース
 大山 TOP
 表参道(女坂)で大山
 表参道(男坂)で大山
 見晴台から大山
 ヤビツ峠から大山
 蓑毛から大山
 日向薬師から大山
 広沢寺温泉から大山

コースタイム
伊勢原駅
(バス 25分)
大山ケーブル
0:15 ↓↑ 0:10
追分
0:30 ↓↑ 0:20
下社
1:05 ↓↑ 0:50
25丁目
0:15 ↓↑ 0:10
大山